認知症治療の最前線

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 認知症治療の最前線
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
認知症治療の最前線よく分かる介護事情

“超高齢化社会に突入しつつある日本において、認知症の問題は深刻になりつつあります。単に日常生活を普通に送ることが難しくなるばかりではなく、認知症の症状は様々で、介護者の負担は大きいものになりがちです。

一人の要介護者に何人もの介護者の労力が必要となるケースも多く、従来のように、その負担と責任を家族の中で負っていくのはもはや不可能になってきています。

認知症の中でも多くの割合を占めているアルツハイマー症の治療については、その判定技術や治療のノウハウなどの普及が急がれています。アルツハイマー症も他の病気と同様に、早期に発見し治療を始めれば、完治することは無くても、病状の進行を遅らせる効果はかなり期待できる段階にまでなってきています。

早期発見の担い手は家族など周りの人たちであり、社会全体の意識改革も求められていると言えるでしょう。認知症予備軍とされる人たちに、積極的に発症予防に取り組んでもらう働きかけも、後の介護者の負担軽減に大きく寄与することでしょう。”

Comments are closed.