若年介護者の実態

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 若年介護者の実態
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
若年介護者の実態よく分かる介護事情

“家庭の中で介護を担っている人といえば、一般的には主婦である成人女性であることがほとんどですが、家庭環境の多様化や経済格差の拡大によって、成人女性は唯一の働き手として仕事に就き、介護をその子供が担っているというケースが増えてきています。

離婚後働きながら子供を育てている女性の親が要介護者となっても、仕事を辞めたら収入が途絶えてしまうため、その子供が介護の担い手となるしかなかったといったケースです。中学や高校に通いながら介護を担い、状況が深刻になれば退学に追いやられる場合もあり、その後の人生に大きな影響を残すこととなります。

介護される側の意思というものも尊重されるべきではありますが、社会全体での優先順位として、子供の権利が阻害されることだけは避けなければならないでしょう。

こういった問題に直面するたび、家族とは何なのかと考えさせられます。家族の絆は大切で素晴らしいものですが、同時に個々人が、地域の中のお年寄り、地域の中の子供という括りにも含まれていてしかるべきなのではないでしょうか。”

Comments are closed.