高齢者問題だけではない介護の問題

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 高齢者問題だけではない介護の問題
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
高齢者問題だけではない介護の問題よく分かる介護事情

“介護というと、高齢者になった親をその子供が面倒みるという構図と思われがちですが、必ずしもそういったケースだけではありません。

医療技術の進歩により、私たちはかなりの障害を負ったとしても社会復帰が可能になり、病院や施設ではなく、家庭や地域の中で暮らせるようになりました。しかし、それは現実には、家族が介護をしているから可能なことで、病気の後遺症や事故の後遺症、難病などによって重い障害を負いながらも自宅で生活している人の多くは、家族の介護が無ければ生きてはいけないでしょう。

高齢になって寝たきりになったのではなく、生まれてから一度も立ち上がったことが無い人でも家族に介護されて家庭の中で生きているのです。そういった長い長い介護生活をしている人たちの多くは仕事にはついておらず、そしてこれからこういった介護者の高齢化の問題が深刻になってくるでしょう。

今後、高齢者や障害者の比率はますます高くなっていきます。今のままのシステムでは早晩支えきれなくなってしまうことは容易に想像できることです。社会全体で、介護者と要介護者をどう組み合わせていくのか、既成概念にとらわれない思い切った改革が求められています。”

孫

Comments are closed.