介護にかかわる人材不足

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 介護にかかわる人材不足
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
介護にかかわる人材不足よく分かる介護事情

“学生の就職内定率がどんなに低い時代でも、介護の担い手であるケアマネージャーやヘルパーの不足は解消されませんでした。

介護ヘルパーの仕事が過酷であることは事実でしょうが、この職種を希望する学生がなかなか増加しないのは、決して仕事を選り好みしてきつい仕事を避けているからだけではないようです。

仕事の過酷さや厳しさからいえば、例えば医師という仕事も傍から見るほど楽なものではありません。でも医師になることを希望する学生は多く、難関の国家試験にも多くの学生が挑んでいます。それは医師という仕事がやりがいのある仕事だからというだけではなく、高収入が見込まれる仕事だからでしょう。

介護の担い手の人材不足の第一の原因は、その報酬の低さにあると言われています。介護ヘルパーの資格を取り仕事の経験を積んでも、収入が上がっていくことが少なく、人生設計が立てられないというのです。外国籍の人材を採用しようという試みも、やたらと難しい条件を付けて、あまり良い成果をあげられてはいないようです。

現在介護ヘルパーやケアマネージャーは比較的高齢の女性が多くの比率を占めています。多様な働き方を可能にし、収入を高く安定させ、人材確保に全力を注がなければ、今の脆弱なシステムでさえ維持できなくなってしまうでしょう。”

Comments are closed.