介護施設の在り方

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 介護施設の在り方
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
介護施設の在り方よく分かる介護事情

“介護される側の立場に立った介護施設の設立は、今こそ集中的になされるべき事柄です。よりそれまでの生活に近い環境で、同時に介護者に負担がかかりすぎないシステムが求められています。

高齢になったからと言って、すぐに何もかもできなくなってしまう訳ではありません。料理でもお話し相手でも、何か出来る事があるのであればそれをしてもらい、地域の中での役割を担ってもらうべきでしょう。

障害がある人も、同じように社会の中での役割を与えられるべきですし、高齢者、障害者、健常者、子供、大人、介護者、被介護者、そういったそれぞれの立場の人たちが、今よりももう少し深くかかわりあう必要があるようです。

外国籍の人たちも積極的に受け入れていくべきでしょう。外国籍の子供たちに日本語を教えるのは、歩くのは困難だが昔国語の教師をしていた要介護の高齢者といった自由な関わり合いが可能な社会が出来るといいのではないでしょうか。

超高齢化社会では、地域のほとんどが介護施設だと思った方がいいのかもしれません。家族のつながりは、他人が入ってこられない家の中で一緒に暮らすことではなくなる時代が来るかもしれません。”

Comments are closed.