介護の仕事に転職した友達

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 介護の仕事に転職した友達
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
介護の仕事に転職した友達よく分かる介護事情

私の友達は老人ホームで介護の仕事をしていました。福祉の学校へ通っていたわけではなく、アルバイトをしていた販売店にそのまま就職しアパレルの仕事をしていました。全く違う仕事をしていた友達が老人ホームで働くことになったのは、祖母が入院したことがきっかけだそうです。仕事をしながら通信教育で勉強し、国家資格であるホームヘルパーの資格を取得したそうです。

看護士をしている私の叔母から、患者さんのお世話は知識や技術の他に、体力も使うのだと聞いたことがあります。子供と違い大人を起こしたり抱えたりするのは大変なことです。介護の仕事は主に食事や入浴、排泄などをサポートすることなので、看護士と同様に力仕事でもあります。

一人で複数の方をサポートしなければならず大変な仕事だと思います。転職したことを後悔していないのか尋ねてみると、後悔していないと即答しました。予想以上に重労働ではあるがやりがいがあり、年配の方と触れ合うのが楽しいと言っていました。誰にでも優しく、人懐っこい友達には介護の仕事が合っているようです。

Comments are closed.