祖父の介護をしていた母と祖母

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 祖父の介護をしていた母と祖母
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
祖父の介護をしていた母と祖母よく分かる介護事情

私の家は祖父と祖母も同居しており、両親は共働きのため幼い頃はおじいちゃん・おばあちゃん子でした。ガラス職人である祖父は、70歳を迎える年まで現役で働いていました。幼稚園のお迎えには祖母が来ており、祖父がお休みの時には二人で来てくれたのがとても嬉しかったのを覚えています。祖父が仕事を引退したのは私が年長である12月です。

小学校に上がる時は祖父と祖母が家に居るので、私は学童には入りませんでした。しかし、忙しい毎日から急に暇になった祖父は、見る見る変わり認知症となってしまいました。忙しい生活から解放されると、暇なことに慣れず何をしていいか分からなくてぼけてしまうという話は聞いたことがありますが、実際に目の当たりにすると子供ながらに驚きました。

年配の祖母一人ではどうにもできず、母は仕事を辞め内職をしながら介護をしていました。2年程介護をしていましたが、祖母も認知症となり一人での介護は難しく、福祉施設にお願いすることになりました。少し離れていましたが毎週末には会いに行っていたのを覚えています。

Comments are closed.